根本的な解決を目指す


債務整理の方法の選択に際しては、債務者の返済能力すなわち現在から近未来に向けての経済力の見極めが「鍵」となります。利息や遅延損害金を麺所から、元金だけの分割返済であれば可能と判断されれば、債権者との折衝から和解案を探る方法が視野に入ります。対してあらゆる返済方法を模索しても無理と判断される場合は、自己所有の財産を管財人に委ねる事で、抱える債務を全て免責とする自己破産が視野に入り、これも債務整理の1つです。

ここで大切なポイントとなるのが、債務整理は債務者だけを救済するのではなく、債権者が貸したお金を回収出来ずに被る経済的損害を最小限に抑える目的も有している事実です。債務者は何とか最悪の事態である自己破産を回避から返済を継続出来るように、そして債権者も少しでも多くの貸付金額の回収が叶うように、双方が歩み寄った和解案を見出さねばなりません。ですが既にこの時点で、債務者の信用度は失墜しており、当事者間のスムーズな交渉は非常に難しいのが現実です。だからこそ豊富な経験と専門知識を有する弁護士に委任する形で、自らが選択した債務整理を確実に進められる環境を構築する方法がベストなのです。債務整理は一旦躓いてしまった経済社会に於ける生活状況をリセットから、同じ過ちを繰り返さぬ未来を歩む上で非常に重要な作業だと捉えてください。

正直に相談する重要性


今日全国各地の弁護士事務所では、無料相談サービスを積極的に実施から、多くの方々の借金問題その他の解決に力を注いでいます。督促から取り立てが続く日常は心身への負の負担の蓄積が避けられず、強い意志を持つ人でも冷静な判断力を欠いてしまっても不思議ではありません。更に借金問題に共通する特徴として、家族や勤務先など外部に知られては困ると、当事者が1人で悩みを抱えた状況下、時間の経過と共に事態を悪化させ続けてしまう点が見過ごせません。だからこそ然るべき専門知識を有する第三者の弁護士はベストな相談相手であり、通常であれば相談に際しても費用負担が必要なところ、無料で相談出来るこの機会を逃してはなりません。

ちなみに無料相談は原則1人1回限りで時間制限も設定されています。より効率良く確実に現状を伝えるべく、資料となる書類を整理して持参する、自身の言葉で現状を正直に話す準備が欠かせません。この場に及んでまだ見栄や虚栄心から、事実と異なる内容を弁護士に伝えてしまった結果、誤った債務整理方法を選択してしまっては取り返しがつきません。特に債務整理の中でも周知の「自己破産」の四文字だけは目や耳にしたくない、回避したいとの思いから、自身の返済能力を上乗せして告げるなどの行為は、結果自身を更に窮地に追い込むばかりであり、絶対に慎まねばなりません。

債務整理を理解する


まずは債務整理とは具体的にどのような作業なのか、実践する事で得られるメリット、避けられぬデメリットは何なのかを正しく理解から、現在抱えている借金問題の解決に臨めば、必ず自身にとってベストな打開策が見出せます。現状を見つめ直す作業には確かに勇気が求められますが、自身が置かれた状況と問題解決能力を冷静に見極め、読んで字の如く「債務」を「整理」する事で、経済社会で引き続き生活を営み続ける体制を整えなければなりません。

債務整理が必要である以上、借金の借入時の契約に沿った返済能力を、既に有していない事実を否定出来ません。そして現状放置を続ければ、遅延損害金がダルマ式に膨らみ、債務者は経済的に破綻から再生不能となるのみならず、債権者も貸付金の回収が叶わず、双方にとってデメリットしか見当たりません。この状況を改善すべく、債権者が債務者に歩み寄る形での折衝から和解案を探り出し、少しでも多くの貸付金の回収と同時に、債務者も生計を立て直すチャンスを確保する作業、これが債務整理の概要です。

ちなみに債務整理は現在4つの手法が認められており、中には弁護士や司法書士の力を借りず、債務者自身で対応可能な方法もありますが、専門的な知識と複雑な手続きが求められ、時間労力の負担は小さくありません。やはり専門家に一刻も早く相談するところからの着手が望まれます。

法律事務所の無料相談


「過払い金が戻って来るかも」との文言を切り口に、借金問題の相談を募る法律事務所のテレビやラジオスポット、更には公共交通機関や新聞雑誌上の広告が、私達の目に飛び込まぬ日は「無い」と表現しても大袈裟ではありません。裏を返せばそれだけ多くの方々が、第三者に相談も出来ずに借金問題を抱えておられる何よりの証拠であり、幸いにも解決に至られた方々の人数分だけ、新たに問題を抱えてしまう方々が存在している事実をも示唆しています。

この時点で多くの方々が陥ってしまい兼ねぬ誤解釈として、過払い金を取り戻す作業と借金問題の解決すなわち債務整理を、一色単の同一作業と捉えてしまうケースが見過ごせません。ちなみに過払い金とは、過去法定利息を超えた金額を、返済に際して借入先の金融機関に支払ってしまっていた事実を確認から、払い過ぎ分として返還してもらう金額であり、債務整理とは直接的な関係はありません。対して債務整理を進める中、過払い金の存在の有無を確認する作業を通じ、結果的にその存在が発覚からの返金、あるいは債務整理に際しての相殺金として充当するケースは多々見られます。

悩みをお抱えの多くの当事者が、自身の借金問題と置かれた現状を正しく捉えていないのみならず、多くの誤解釈から間違った対応を取り続けてしまっているケースが少なくありません。ここでは法律事務所の無料相談を活用するメリットと、相談に際して必ず守っていただきたい姿勢やポイントなどについてお伝え申し上げます。債務整理に着手するに際し、弁護士は何より心強い存在であると同時に、正式な依頼に際しては、双方缶に盤石の信頼関係の構築が求められます。