債務整理を理解する


まずは債務整理とは具体的にどのような作業なのか、実践する事で得られるメリット、避けられぬデメリットは何なのかを正しく理解から、現在抱えている借金問題の解決に臨めば、必ず自身にとってベストな打開策が見出せます。現状を見つめ直す作業には確かに勇気が求められますが、自身が置かれた状況と問題解決能力を冷静に見極め、読んで字の如く「債務」を「整理」する事で、経済社会で引き続き生活を営み続ける体制を整えなければなりません。

債務整理が必要である以上、借金の借入時の契約に沿った返済能力を、既に有していない事実を否定出来ません。そして現状放置を続ければ、遅延損害金がダルマ式に膨らみ、債務者は経済的に破綻から再生不能となるのみならず、債権者も貸付金の回収が叶わず、双方にとってデメリットしか見当たりません。この状況を改善すべく、債権者が債務者に歩み寄る形での折衝から和解案を探り出し、少しでも多くの貸付金の回収と同時に、債務者も生計を立て直すチャンスを確保する作業、これが債務整理の概要です。

ちなみに債務整理は現在4つの手法が認められており、中には弁護士や司法書士の力を借りず、債務者自身で対応可能な方法もありますが、専門的な知識と複雑な手続きが求められ、時間労力の負担は小さくありません。やはり専門家に一刻も早く相談するところからの着手が望まれます。